スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」♯48

改革の旗手だったことは間違いないんだけど。。。
日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。
やっと見ました「平清盛」続いて「平清盛」♯2その次「平清盛」♯3次の次「平清盛」♯4
やっと「平清盛」♯5ようやく「平清盛」♯6「平清盛」♯7「平清盛」♯8
「平清盛」♯9「平清盛」♯10「平清盛」♯11「平清盛」♯12
「平清盛」♯13「平清盛」♯14「平清盛」♯15「平清盛」♯16
「平清盛」♯17&18「平清盛」♯19「平清盛」♯20「平清盛」♯21
「平清盛」♯22「平清盛」♯23「平清盛」♯24「平清盛」♯25
「平清盛」♯26「平清盛」♯27「平清盛」♯28「平清盛」♯29
「平清盛」♯30「平清盛」♯31「平清盛」♯32「平清盛」♯33
「平清盛」♯34「平清盛」♯35「平清盛」♯36「平清盛」♯37
「平清盛」♯38「平清盛」♯39「平清盛」♯40「平清盛」♯41
「平清盛」♯42「平清盛」♯43「平清盛」♯44「平清盛」♯45
「平清盛」♯46「平清盛」♯47

第48話は「幻の都」でした。

平家はもう武門ではない、清盛自身がもう武士ではないとガツーンと平清盛松山ケンイチさん)に言ってしまった忠清藤本隆宏さん)。
怒り心頭で忠清の首を剣で斬ろうとしたけど、剣を上手く使えず、尻もちついてしまった清盛はガクーン。盛国上川隆也さん)も掛ける言葉がないって感じで。。。

忠清は死んで責任取るつもりで盛国に介錯を頼むんだけど、もちろんそこは盛国止めて。
そうそう、もう平家で武士ー!なのは忠清しかいないもんね。平家に逆らう者たちを討っていくには、忠清がいなくちゃ話にならないもん。

富士川の戦いで勝っちゃった源頼朝岡田将生さん)は着々と武士の世を目指す独自の施策を進め。
まずは配下となった者の領地を保証、そして戦で手柄を立てた者に領地を与える。そして配下となった者を御家人と呼んで。御恩と奉公ってやつですねー。
そんなんで東国武士たちをまとめていく頼朝。そして各地の源氏が挙兵する中、寺社も平家に謀反の兆しを見せ。

ガクーンで少し考え直すかなーと思われた清盛だけど、富士川ではしくじったけど、源氏の挙兵も寺社の謀反もまだまだ簡単に収められると思っているようで。
高倉上皇千葉雄大さん)の具合も悪いんだけどね、新しい内裏もすぐ出来るし!って全然遷都の弊害を考えていない。さすがに徳子二階堂ふみさん)が上皇の病気は遷都に原因があるんじゃないか、心労はいかばかりと父親である清盛に苦言しちゃって。
朝廷でも公卿たちが今のあり様に不安になり。ここはもう還都するしかない。重盛が生きていた時は秩序もまだ守られていらのにと口ぐちに。それを我慢して聞いていた宗盛石黒英雄さん)だけど、ついに清盛にモノ申した!都還りして下さいと。。。

清盛の三男であり、時子深田恭子さん)との間の長男。本来の棟梁はお前だと持ち上げられながらも、やっぱり三男坊~な感じで育ってきたからね。生真面目でデキた重盛と比べると、自分は不甲斐なかったと感じてはいたのね。でも今はれっきとした棟梁だから、棟梁たることをしなくちゃいけないってちゃんと覚悟をしたんだ。偉大な父に歯向かっても。
父親が偉大過ぎると大変だよね。亡き重盛だって板挟みになって悩み、涙ながらに訴えたよね。宗盛も涙ながらに還都を訴えた。平家が孤立してしまわぬうちにと。。。
さすがに清盛も還都を決めた。とりあえず新内裏で五節の舞が安徳天皇に献上されて。清盛には今までのことが走馬灯のように思い出され。。。
結局福原が都だったのは半年しかなかったんだね。。。

六波羅に戻って指示を出しつつ、清盛は今までやってきた事は何だったんだろー?なんて考えちゃったりして。
鎌倉の頼朝清盛が目指した武士の世って何だったのー?と考えたりして。でも義経神木隆之介さん)と一緒にやってきた弁慶青木崇高さん)に昔の清盛の話を聞き、ガテンがいった感じ。祇園闘乱事件で神輿にワザと矢を射ったことや、鳥羽院三上博史さん)を射抜く真似をしたことね。
そうだそうだ、鳥羽院には清盛自身が乱れた世に放たれた1本の矢だって言われたんだよね。そしてその通り、清盛は今までの慣例を覆し、いろんなことを改革し、作り出してここまできたんだ。確かに武士の世を目指して、それは頼朝がこれからまた目指す所でもあるわけで、奮い立つ頼朝

落ち目の平家には、またも大事件が。
清盛の五男・重衡辻本祐樹さん)が南都の僧兵の反乱を鎮圧するために行った先で火を使い、それが風に煽られて大火になっちゃって。なんと興福寺やら東大寺の伽藍やら大仏までも南都のお寺を丸焼きにしちゃったんですー!
我が寺興復せば天下興福し我が寺衰弊せば天下衰弊すべし。」建立した聖武天皇のお言葉だそうです。聖武天皇の時代も色々あって、国家安泰のために国家事業として寺社や大仏を建立したりしたんだよね。。。それを焼き払うなんて、公卿たちは大騒ぎ。世に平家がある限り天下の乱れは収まらないなんて言われちゃって。。。

平家一門も驚愕の大事件。清盛も天は平家を見放したと弱気な感じに。
なのに戻った当の重衡は全く悪びれる様子はなく。っていうか、事の重大さに全然気付いておらず、勝ってきましたよーって朗らかな感じで。
そんな重衡清盛はよくやったと微笑むしかなく。。。
ここにきて清盛は気付きましたかね?自分も神仏をも恐れない所業をしてきたことを。でも今までは沈む陽を扇で戻せるくらいの天のご加護があったからね。今の平家にはそんな力はもう無いよ。。。

出てますよー!>>>

平清盛(完結編)


こちらも>>>

平清盛(4) [ 藤本有紀 ]


何がダメだったのー?>>>

経営者・平清盛の失敗 [ 山田真哉 ]


平家パイ食べた!?>>>

徳用 源氏パイ ハート型で有名三立製菓30枚入り平家パイは15枚入りのレーズンパイです


 ←クリック!見てみる?

theme : 大河ドラマ 平清盛
genre : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「平清盛」第48話

第四十八回「幻の都」 視聴率10.4%  

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。