スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビブリア古書堂の事件手帖」♯9

本好きは記憶力がいいよね。。。
月曜21時、フジ「ビブリア古書堂の事件手帖」ですけど。
「ビブリア古書堂の事件手帖」見ました「ビブリア古書堂の事件手帖」♯2
「ビブリア古書堂の事件手帖」♯3「ビブリア古書堂の事件手帖」♯4
「ビブリア古書堂の事件手帖」♯5「ビブリア古書堂の事件手帖」♯6
「ビブリア古書堂の事件手帖」♯7「ビブリア古書堂の事件手帖」♯8

篠川栞子剛力彩芽さん)と五浦大輔AKIRAさん)は、大輔の本の勉強にと定休日に古書店巡りをすることに。
この日は写真集専門の古書店へ。そこはギャラリーも併設されていて、そこの写真を栞子が眺めていると、写真は好きですか?と声をかけてきた女性が。
なんとこの女性・高坂晶穂矢田亜希子さん)は大輔の高校の同級生だそうで。カメラマンの晶穂野上司望月章男さん)という今注目されてるカメラマンと一緒に2週間だけ鎌倉で写真展を開いてるんですと。
ま、感じからして晶穂大輔の元彼女ってことですね!

そんな晶穂栞子が古書店の店主だと知ると、探して欲しい本があると言い出して。タヌキの絵本なんですけどー。
晶穂はビブリア古書堂にやってきて絵本のことを話すんですけど、題名も覚えていないの。とっても好きだった凄く良かったって覚えてるだけ。でもとにかくどうしても探したいんですと。外国が舞台で作者の名前がカタカナ、オイオイオイそんなんで。。。
でも栞子はとにかく内容を思い出せるだけ教えて欲しいと言って。

動物がいろいろ出てくる。1番覚えてるのは子犬。生まれた頃は飼い主に可愛がられてたのに、少し大きくなると捨てられた。そしてライオンと友達になる。でも主人公はタヌキでー。
タヌキは家を建てようとした。子犬やライオンのような寂しい子たちが集まれる家を。大きなトラックでレンガをたくさん運んできて、みんなで力を合わせて造る。動物にくわえて人間もいた。動物園も出てきたような。。。

フツーの人なら、ホント何だそれ!だよね。でも栞子ですからね、知っている話のようだけど、思い付かず。。。
晶穂から追加情報あり。サイが町中を走り回り、ワニも出てきた。そして成績の悪い男の子もと。それでも栞子は思い付かず。
あとは実家を探すしかない。でも実家と関係が悪いからあんまり行きたくなく。突然荷物を処分するからイヤなら取りに来いと言われていて。だから実家に一緒に来てほしいと栞子に頼む晶穂。結局大輔も一緒に行くことに。

実家に行くと母親・ミズエかとうかず子さん)は冷たい感じ。晶穂に関心がない様子で。
でもその後の大輔ミズエのやり取り、「ともだちの家」「トービク」で栞子ピーン!絵本がわかっちゃったんです。
それは「チェブラーシュカとなかまたち」という絵本。その絵本を原作に映画「チェブラーシカ」が作られていて、栞子は絵本を読んでおらず、映画を見た弟から話は聞いていたけど、絵本と内容が少し違っていたから晶穂の話を聞いてもすぐに思い付かなかったのね。

どんなことで母と娘の関係が悪くなったのかはよくわかりません。
元々親が厳しい家で、厳しく育てられていた?写真家になりたいって夢を猛反対された?
元々自立心が強い子で、親に何の相談もせず、何でもやっちゃってきたのかもしれません。
確かに親子だからってわかり合えるとは限らない。でも母と娘どこかで繋がっているっていうのもわかるな。

晶穂は妊娠していた。でも相手の野上はこれからが大事な時。言い出すことは出来ず、もし絵本が見つかったら打ち明けようと密かに思っていたのね。自分もミズエのような母親になるんじゃないかと、子供に寂しい思いをさせるくらいならと思い悩んでいて。
でも実はミズエ晶穂の妊娠に気付いていた。密かに写真展に足を運んでいたのね。どうにか晶穂と話し合いたいと思っていた。だから荷物のことで呼び出したり、冷たい態度でも晶穂を気遣うところを見せていたのさ。

結局どちらも凄く態度豹変で仲良しってことではありませんでしたが、栞子の仲裁?のお陰でなんとなく分かり合えた感じに。晶穂も子供を生む覚悟を。
その後、晶穂野上に打ち明け、プロポーズされたそうで。ミズエも喜んでいると。。。

栞子は他人のことは理解出来るみたいだけどね、、、自分の母親となると。。。

音楽イイな>>>

「ビブリア古書堂の事件手帖」オリジナル・サウンドトラック


主題歌懐かしいな>>>

THE NEVER ENDING STORY(CD DVD) [ E-girls ]


そういえばやってた気がする>>>

劇場版チェブラーシカ 特別版 コレクターズエディション【初回生産限定】


妊婦さんには>>> 

葉酸米 50g(白米約10kg分に対応)【ハウスウェルネスフーズ】


 ←クリック!見てみる?

theme : フジテレビ
genre : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第9話

第九話『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』                               視聴率11.5%  

comment

No title

今回のこの話、原作では、
以前出てきた元受刑者の奥さん、坂口しのぶの話でした。

だから、絵本の説明があいまいなんですw

五浦の元カノの高坂晶穂にまつわる話は別にあって、
ドラマでは、それを一緒にしちゃうから、設定上、
ぼやっとしちゃってるんですよねー。

しのぶの父は公務員、母は学生塾をしていて教育熱心
だったけど、しのぶは、ああいう人だから、
母親に反発し、家を出てからほぼ音信不通。

でも、坂口との結婚もあって、久し振りに会食。
ところが、坂口の過去の経歴の話から、
またこじれてしまって……という流れでした。

ドラマでのあの母子の関係は、よく判らないですよね。

Re: No title

すばるさん、こんにちは。コメントありがとうございます!

そうですか~、原作では坂口しのぶの話なんですね!
それなら納得いきますー。
ドラマではなんでそこまで母娘がこじれていたのか
よくわからず。。。

教えて頂きありがとうございました!
管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。