スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「篤姫」で涙

あと1話になってしまいましたけど。。。
るーは去年の大河ドラマ「風林火山」はちゃんと毎週見ていたのに、今年のNHK大河ドラマ「篤姫」は最初の方で挫折してしまいましてねー。。。歴史は大好きだし、時代劇も好きなんですけどねー、、、どうも幕末ってのは複雑な感じがして、途中で断念してしまうことが多々でありまして。

でもどうも「篤姫」の視聴率がかなりイイというのを耳にして、最近また見るようになってたんですよ。今さらなんですけど。。。
宮崎あおいさん於一の時代は見てたんだけど、島津斉彬高橋英樹さん)の養女になり篤姫になってからはほとんど見ておらず。江戸に上って徳川家定堺雅人さん)の正室になってからはまったく見ておらず。夫婦のやりとりがいろいろあって、堺雅人さんの人気にもさらに火が付いたみたいでしたが、全然見てなくてー。
天璋院になってからようやく見始めたんですけど、、、んー最初からちゃんと見ていれば良かったとチト後悔。だって宮崎あおいさん、いろいろ言われてもいたけど、カワイくて気品があって、でも堂々としていて、芯が強い感じで「篤姫」にピッタリだったと思うのよねー。

昨日の天璋院小松帯刀瑛太さん)の再会には、るーもウルウルどころじゃなくて涙がポロポロ出ましたよ。於一の時代は見てましたからね、2人の薩摩でのやり取りや関係は知ってますから。。。
ようやく?今さら?「あなたをお慕い申し上げていました」と告白する帯刀。「知っていました」とニッコリ笑う天璋院。「もし斉彬様の養女になっていなかったら、私と一緒になってくれましたか?」って帯刀の問いに、「私の答えは、亡き夫・家定に相談いたします」ってニッコリ笑う天璋院
最初は碁を打ちながら笑顔で話していた2人ですが、だんだんと2人とも涙がポロポロ。るーもポロポロ。この2人がくっついていたら、また歴史も違っていたのかも?と思いつつ、滝山稲盛いずみさん))の言っていた通り、天璋院はやっぱりどういう道であれ大奥に呼び寄せられる運命だったのかなー?とも思ったりしてね。

足に病をかかえ、たぶんもうこれが最後になるであろうとわかっている帯刀が、人が次々さって寂しく思う天璋院に言う。「人はいなくなるものではなく、また会う時の楽しみのために、ひと時、離れ離れになるだけのことです」
「そうですねー」とあのお守りを出しニッコリ元気な顔に戻る天璋院。「すぐに前向きになることは昔と変わってませんねー」と言いながら、帯刀もあのお守りを懐から出し、笑顔で涙ポロポロの2人、んー泣けた。

家定の幻とのやり取りも、滝山との別れも静寛院堀北真希さん)との別れも、大奥との別れも、江戸城との別れも、、、泣き所満載でしたね。
はー、ちゃんと見ていればもっと感動しただろうになー。。。
来週の最終回は、ちゃんと見なければ!!!

今なら23%OFF>>>NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集


読んでみます?>>>篤姫(完結編) NHK大河ドラマ・ストーリー


薩摩だけに芋焼酎もね>>>天璋院 篤姫 金山蔵ボトル


るーも1度は行って見たい桜島>>>鹿児島市街


banner_04.gif←ヨロシク!

theme : 篤姫
genre : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

篤姫

女の子の名前、「葵」が一番人気 NHKドラマ「篤姫」影響 47NEWS通信教育大手ベネッセコーポレーションが8日発表した今年生まれた赤ちゃんに付けられた名前のランキングによると、女の子の一番人気は「葵」(あおい)だった。NHK大河ドラマ「篤姫」に出演した女優の...

小松帯刀 本

小松帯刀商品価格:1,580円レビュー平均:5.0 小松帯刀さんについて 小松帯刀さんについて小松帯刀さんは、身分の低い人達とお付き合いをしていましたが(その時代としては)小松帯刀の身分に近い人達は、その事をどう思っていたのでしょうか?(快く思っていたのでしょ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。