スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンタッチャブル」最終回

やっぱり名なしの権兵衛の正体は。。。
金曜21時、テレ朝「アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~」ですけど。
見ました「アンタッチャブル」「アンタッチャブル」♯2「アンタッチャブル」♯3
「アンタッチャブル」♯4「アンタッチャブル」♯5「アンタッチャブル」♯7

先週も見たんですけどね、、、気付いたら書いてなかったのよね。。。なんでだろ?なんかゴチャゴチャーとなって、鷹藤佐藤智仁さん)が犯人?ってそういうことにはしないだろーなーって、今さら遠山要潤さん)が犯人ってことはないし、、、そしたらやっぱりるーの予想通り、名なしの権兵衛遼子仲間由紀恵さん)のお兄ちゃん・鳴海洸至小澤征悦さん)でしたね。

でも驚いたよ、永倉寺島進さん)に恩義があって手先となったわけじゃなく、永倉の恩人となり使ってた感じ?永倉よりも上に立ってたなんてね。。。

洸至お兄ちゃんの心には遼子も知らない暗い暗い闇があったのね。洸至は母さんが浮気して出来ちゃった子だったんだって。だから父さんにイジメられたイジメられた。母さんは気付かぬフリ。お腹や背中に蹴りは入れられるし、大事な本は燃やされるし。それに引きかえ遼子は大事に大事に可愛がられていたそうな。孤独感の中で、いつか父さんをどうにかしてやろうと思って洸至は育ったの。
そしたらね、その状況に気付いた人がいた。それが永倉だったんだって。永倉も同じような境遇で、長くお兄ちゃんに抑圧されていたらしいの。洸至がなんなら殺してあげましょうか?って言ったら、ホントにお兄さん死んじゃって。ただの医療ミスだったんだけど、永倉洸至がやったものと思っちゃったわけさー。お兄さんの抑圧から解放され、莫大な財産も継いだ永倉。だから洸至永倉の恩人ってことになったのね。

でそれから1ヶ月後、洸至は自分を解放するために自宅を爆破しちゃったのね。それで両親を殺した。でもそれにまた気付いた人がいて。それが鷹藤の兄・梨野公平だった。洸至梨野の存在が怖ろしくなり、梨野の自宅も爆破して家族もろとも殺害。生き残ったのが鷹藤だったのね。
まさか自分と永倉が取り込んでいた「アンタッチャブル」に鷹藤がいるとは思わなかったみたい。遼子が入ることになったのも全然考えてなかったみたいね。

洸至永倉と組んで日本を掌握したいと思ってここまできたのか、、、ただ孤独感と心の闇を埋めるためにここまでしちゃったことなのか、、、最後は毒ガステロまで起こそうとして。自分と同じように杉の子基金で育った子供たちを犠牲にしてまでもね。。。
結局運命だったのか、鷹藤に阻止され、捕まっちゃったんだけど。

小澤さん怖かったねー、ホント狂気な感じで。誰よりも存在感が凄かったよ。洸至が語るとこだけで、なんだかこのドラマが凄かった気になっちゃった。
ちょっと思ったのは、るーは両親が死んじゃったから鳴海兄妹杉の子育英基金にお世話になったものと思ってたんだけど、両親が存命な時から洸至はお世話になってたのね。そして梨野公平も。遼子鷹藤はどうだったのかしらね?顔合わせててもおかしくないよね。遠山だって大して離れた年齢じゃないのに、鳴海兄妹鷹藤を知らなかったなんてね。結局「国民ジャーナル」にいた時の遠山遼子の関係ってなんだったのかしらね???

逮捕された洸至は警察の皆さんと共に車ごと海に突っ込んで自殺ってことみたいだったけど、死体は上がってないってことだよね?
遼子鷹藤が少しイイ感じになったっぽい後ろで、洸至らしき男の影。永倉も逮捕されて失脚したけど、洸至みたいな男はまた現れる世の中ってことなのかな。。。

主題歌はこちら>>>送料無料! GIRL NEXT DOOR Orion(CD+DVD)


挿入歌イイ感じ>>>送料無料! 72(NATSU) ここにいるよ/こわくない


ノベライズの方が面白かったりして?!>>>送料無料! アンタッチャブルthe novel


人気ブログランキングへ ←クリック!見てみる?

theme : アンタッチャブル
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。