スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神戸新聞の7日間」見ました

あれから15年も経つんですね。。。
土曜21時、フジ土曜プレミアム特別企画「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い~」を見ましたよ。

るーは東京生まれの東京育ち、現在も東京に住んでいます。だから幼い頃からいつか大きな地震がくるくるって言われてる環境にいるわけで、震度4くらいまでの地震には数えきれないほど遭っていると思います。
でも生まれてこれまで、ビルが倒壊したり、高速道路が横倒しになったりっていうもの凄い地震には幸いなことに遭っていません。くるくるって言われていてもなかなかこないから、なんだか震災に対する意識が希薄になっているような気もします。
この番組を見て、くる時はホントにくる、あの時の映像の衝撃、忘れてはいけない大震災の恐怖・爪痕を思い出し、出来る備えはしておかなくちゃねって改めて思いました。

阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い~」は神戸新聞の新聞記者たちが、大震災直後の混乱した状況の中、それぞれの立場で苦しみながらも、新聞を作り続けた闘いの模様を描くドキュメンタリードラマでした。
ドキュメンタリードラマだから、実際に登場人物の人たちが実在するわけで。現在の彼らのインタビューも織り交ぜながら、櫻井翔さん演じる、入社4年目の報道カメラマン三津山朋彦の視点でドラマは進行しまして。

あの日、1995年1月17日、るーは早朝バイトに入っていて。バイト先でバイト仲間たちとの会話の中で誰かが、さっき大きな地震が関西の方であったらしいよ~って言ってたのを聞いたのが阪神大震災を知った最初なの。でも仕事始まりはバタバタしてるもんだから、すぐそんな話は忘れてしまって。
バイト仲間が休憩に入る度に、凄い地震があって関西はとんでもないことになってるよって言い出して、るーも休憩に入った時に休憩ルームのTVで衝撃の光景を見たわけさ。なんだか荒野のような神戸。もう驚いたのなんのって!
時間が経つにしたがって、いろいろな所の映像が流れていたけど、それはどれも空撮ばかり。まだ地上で撮影出来る状況じゃなかったのよね。空撮でもホント驚き衝撃の映像ばかりだし、そしてどうしてー?どうしてー?って映像も。だってあちこちで火が燃えているのに、消防車が火を消したりしてる様子は見えなくて。あー、これが大災害ってもんなんだなーって思いました。なすすべが無いっていうの。。。

神戸新聞社ももちろん大地震で大打撃を受けて。建物はなんとか倒壊を免れたものの、中はグチャグチャの状態。ホストコンピュータを始め機器類がほとんど壊れ、新聞社として機能しない状態で。
それでも編集局長の山根内藤剛志さん)は新聞発行を絶対とし、社員は新聞発行に向けて奔走するわけでして。
神戸新聞って創刊以来、戦時中でさえ休刊したことがなかったんだって。だからそれが社員たちの誇りでもあったんだろうね。。。こんな状況でも絶対に新聞を発行すると頑張るんです。

でもまずそんな状況の中、新聞記者の人たちって会社にちゃんと出てくるもんなのね。それがまず凄いと思いましたよ。まずは家や家族の安否なんだろうけど、マスコミの使命っていうか、そういう気質が備わっているんだろうね。。。そういえばるーもOL時代は都内に住んでるってことで、会社の非常要員の1人に任命されてましたけど。。。

新聞社が新聞を出せないなんて、新聞死ぬのも同じ。でもたまたま神戸新聞は大震災前にお隣の京都新聞と緊急時に互いを助け合う援助協定を結んでいて。だからすぐ山根京都新聞に連絡を取り、新聞発行の協力をお願いしたの。京都新聞に了承を得て、震災当日の夕刊の紙面を作成するために、三津山ら3人が神戸から京都に車で向かったんだけど、これが大変な道程で。だって高速は使えないし、道はあちこちで寸断されてるし、通行止めも多し。おまけに整理部長の首藤嶋政宏さん)も車を運転する車両部の佐々ダンカンさん)も実はケガしてて。。。
結局締め切り時間までに京都に到着することは出来なかったんだけど、電話での記事の聞き取りなんかもあり、京都新聞の全面協力で神戸新聞の紙面は作成されていて。少ない紙面ながらも新聞は発行されたんです。

それからも神戸新聞本社ビルが全壊判定を受けて退出せざるおえず、別の場所に臨時編集局を置いたり、この未曾有の大災害の前にして取材することへの記者たちの迷いや葛藤、仲間同士での意見の相違。もちろん家族親戚友達の安否。大変な困難があったわけで。
それでもこの震災の状況、情報、悲しみから希望まで、そしてこの大災害を記憶するために、新聞を作り続けたんだね。。。

るーはずっと東京に住んでるもんで、神戸新聞って新聞の存在も知らなかったし、読んだこともないのですが、新聞ってもの自体はるーは大好きでして。昨日も書いたけど、こんなにネット使ってるのに、朝新聞を読まないと1日が始まらないって感じだし、新聞休刊日は寂しいなぁって思うくらい、新聞読むのが趣味の1つなの。紙に印刷されていてモノとして出来ている、活字を読むってことは、安心出来るのかな。
だから報道のあり方や取材の仕方ってのは凄く考えてしまうところだけど、新聞が読める、少しでも情報がわかるってのはありがたかったのではないかと。。。電気がこなければTVも見れないわけだしPCも使えないしね。。。

読んでみますか?>>>


こちらもご一緒に>>>神戸新聞社刊 ザ・仕事 阪神大震災聞き語り

出来る備えはしよう>>>★送料無料★【代引料無料】"比べて下さい"必要な物を集めて 価値ある37品目当店だけのオリジナル商品防災セット 


櫻井翔さんがマブシイらしい!?!>>>an・an ( アン・アン ) 2010年 1/27号 [雑誌]

人気ブログランキングへ ←クリック!見てみる?

theme : フジテレビ
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。