スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」♯21&22

どうしてそんな制度残したかな~。。。
日曜20時、NHK大河ドラマ「龍馬伝」ですけど。
「龍馬伝」見ました「龍馬伝」♯2「龍馬伝」♯3「龍馬伝」♯4
「龍馬伝」♯5「龍馬伝」♯6「龍馬伝」♯7「龍馬伝」♯8
「龍馬伝」♯9「龍馬伝」♯10&♯11「龍馬伝」♯12「龍馬伝」♯13
「龍馬伝」♯14「龍馬伝」♯15「龍馬伝」♯16「龍馬伝」♯17
「龍馬伝」♯18「龍馬伝」♯19「龍馬伝」♯20

第21話は「故郷の友よ」、第22話は「龍という女」でした。
るーは歴史好きなんですよ。別に歴女ってほどじゃありませんけどね。物心ついた頃からご両親様と一緒にNHK大河ドラマ見てたもんで、知らず知らずに歴史情報が入ってきてて。るーが覚えてる一番古い大河ドラマは「峠の群像」なんですけどね。赤穂浪士の忠臣蔵の話で、大石内蔵助緒形拳さんだったのだ。
小学校に入り、図書室で本を借りるってことが出来ることを知ったら、「マンガ日本の歴史」を借りまくって読みまくったのよね。何で?ってマンガだから。元々本を読むってこと自体好きだったんだけど、学校にマンガがあるってことに感動しちゃって、これを読まなきゃ勿体無いなんて思っちゃったのよね。別にインドアな暗い子では全然なかったんですけど。。。
で下地があればおのずと入りも早いってことで、社会科、日本史が得意になったのさ。出来ればやっぱり好きになるわけで。

でももうるーもギリギリアラサーですからね、頭の中はどんどん退化しており、歴史の知識もどんどん欠落してってるよー。だから大河ドラマでそうだったそうだったと再勉強してる感じ?!
八月十八日の政変ってそういえばそういうのあったよねー。攘夷攘夷って凄い風吹いてたのに、朝廷の攘夷派が退けられちゃったのよね。攘夷は過激になっていくけど、もう現実的ではなくなっちゃって。おまけに帝が異人はキライだけど異国と戦をしたいとは言ってないだって。ガーン。過激に攘夷を決行しちゃった長州は下野。居残った薩摩と犬猿の仲になっちゃったのね。

そしてほーら時が来た!ってとうとう山内容堂近藤正臣さん)は勤王党の弾圧を始めたのさ。
平井収二郎宮迫博之さん)が切腹させられたことを知った坂本龍馬福山雅治さん)は、土佐に戻った武市半平太大森南朋さん)を心配して助けに行きたいって思うんだけど、勝麟太郎武田鉄矢さん)からお許しは出ず。龍馬が行ってももうどうにもならないってね。侍としての覚悟や各々の生き方を説く先生はやっぱり大人。近藤長次郎大泉洋さん)の言葉も身にしみたね。
土佐半平太は最後まで容堂公のために、容堂公を信じようとするんだけどね、、、藩の呼び出しがやってきちゃって。。。最後の晩餐的な奥貫薫さん)との朝食は泣けたねぇ。今まで一人ぼっちばかりさせてゴメンね、今度2人で桂浜に行こう、その後もいろんなとこ行って、いえいえ旦那様とここでゆっくりしたいだけって、もう出来そうもないと予感しながら話しているんだよねー。ぐすん。

なんでそこまで半平太は藩への忠誠を尽くそうとしちゃったかなー。全然認めてもらえなかったのにね。ホント不器用というか、真っ直ぐ過ぎたというか、優し過ぎるというか。結局自分を慕ってくれた仲間が拷問されてるとなったら、黙ってられないよね。。。
でも山内容堂があそこまでの考えの人とは思わなかったね。もう何をしても最初から下士という存在がキライでキライでしょうがなかったってことだよね。存在自体認められないって感じ。まだ下士でも能力があれば引き上げた吉田東洋の方が公平な人だった?!NHK大河ドラマ「功名が辻」を思い出し、山内一豊千代はとってもイイ人だったのにね、なんで上士と下士なんて区別制度を残しちゃったかなーと思ったりして。まぁあの時も旧領主系の一領具足の皆さんを、相撲大会だって言って皆殺しにしちゃったけどさ。

勤王党弾圧は龍馬にも関係したのね。まぁ一時期勤王党入ってたし。。。龍馬をはじめ土佐を離れてる土佐藩士に帰国命令が出て。でも龍馬土佐に戻って半平太を助けたいって気持ちも封印して、勝塾でお勉強してるんですからね、ここで帰るわけにはいかない。でもって帰国命令に従わないってことでまた脱藩浪士になっちゃったんだって。
それでも坂本家の人たちってホントに優しいのよね。また脱藩ってことになっちゃったけど、龍馬が進みたい道を頑張ればいいって。乙女姉さん寺島しのぶさん)からの手紙には5両の仕送りまでは入ってるし!5両っていったらかなりの大金ですよね。凄いなぁ。

で、この5両の縁かお陰か、龍馬はある女性とお近づきになることになったのね。いよいよ登場のお龍さん真木よう子さん)!言わずと知れた未来のお嫁さんね。
龍馬岡田以蔵佐藤健さん)を助けに行ったで、たまたま泊まることになった旅館で働くお龍が、借金のカタに妹を連れてかれて困ってるのに出くわしたのさ。お龍の妹を助けたい一心の危機迫る勢いに、龍馬は自分の持ってる5両を差し出したのよ、使ってちょーってね。
そう、以蔵はまだ逃げてたんです。ボロボロになりながらの町をあっちこっち。でももう限界でしたね。藩も幕府にも追われ、怖~い新選組も登場してきちゃったし。とうとう捕まってしまったのね。ただただ半平太に認めてもらいたくて頑張っただけなのに。。。

いかがですか?>>>【予約】 福山雅治主演 龍馬伝写真集

武市さんも夫婦で旅したかった?>>>龍馬の生きた日本を旅する


聞きました?>>>NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック


読みました?>>>NHK大河 龍馬伝 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー


人気ブログランキングへ ←クリック!見てみる?

theme : 龍馬伝
genre : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「龍馬伝」第22話

第22回「龍という女」 視聴率19.5%

大河ドラマ「龍馬伝」第21話

第21回「故郷の友よ」 視聴率20.0%

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。