スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最高の人生の終り方」見ました

人生模様あり、謎解きありな感じで。。。
木曜21時、TBS「最高の人生の終り方~エンディングプランナー」ね。

見ようと思ってたわけでもないんだけど、他に見たいものもなくて、なんとなく見てみました。
そういえば山下智久さんって、NEWS脱退したんだよねとか思いながら。。。

山下智久さん演じる井原真人は葬儀屋さんの息子なのね。それも警察御用達の。次男だけど。
子供の頃は父さんと同じ仕事がしたいと作文に書いたくらいなのに、だんだんと葬儀屋の息子とからかわれたりもして、家業の葬儀屋を嫌うようになり。葬儀屋は長男の健人 (反町隆史さん) が継ぐものと、大学卒業したら大手居酒屋チェーンの会社に就職しちゃったのね。
今はエリアマネージャーとして担当するエリアの店舗の管理をしている真人なんですけど、それはそれで大変なんだ。本社からの厳しいノルマを達成させるために、店舗の従業員たちを指導していかなくちゃならなくて。

ある日ノルマを達成出来なかった店舗の店長にかなり厳しいことを言ったんですけどー、その翌日なんとその店長・長田設楽統さん)がビルから飛び降り意識不明の重体と聞いて。
自分が厳しく言ったせいかもと悩む真人。そんな中、実家の父・浩太郎 (蟹江敬三さん) が倒れたと葬儀屋を手伝っている妹の晴香 (前田敦子さん) から連絡を受けるの。おまけに家業を継いだはずの健人が2ヶ月前から家出しているそうで。まぁ大変だ!

葬儀屋さんって大変だよね。人の死を扱うわけだし、それで成り立つ商売だし。いつ人は死ぬかわからないし、お休みだって不定期みたいになっちゃうよね。
それでも葬儀屋さんっていてくれないと困るよね。。。悲しみの中で整然と事を運んでこれるのは葬儀屋さんだし、そういう人がいないとオチオチ悲しんではいられないことにもなるもんね。

浩太郎は葬儀屋は閉めろと言い残し、あっけなく死んじゃった。弟・隼人 (知念侑李さん) や妹・桃子 (大野いとさん) 加えて話し合い、葬儀は他の葬儀屋に頼もうってことになるんだけど、晴香がうちで出そうと言い張って。それぞれの思いが噴出してケンカっぽくなっちゃっうんだ。

結局自分ちの葬儀屋・井原屋で葬儀を出すことに。健人がいないので喪主を務めることになった真人は、DVD見て勉強して喪主の挨拶を考えて。
葬儀は滞りなく済むんだけど、真人浩太郎とずいぶん疎遠にしていたせいか、実感がない感じなのよね。浩太郎の友人だったという岩田山崎努さん)という老人が現れ、遺書はあったか?と言われて探したら、金庫の中にあったー。遺書には家族へ一言ずつメッセージ、そして覚悟を持って継ぐ人がいなければ葬儀屋は廃業しろと書いてあった。

その後葬儀屋は閉めることを予定して、仕事に復帰した真人。そこに待っていたのは入院していた長田の死だった。
遺書はなかったけど、長田を追いつめたことには変わりはない。真人は打ちひしがれるんだ。そして酔ってホームをフラ~。そこを以前やっぱりフラ~したところを助け知りあった坂巻優樹榮倉奈々さん)に助けられ、何か出来ることを考えればと言われて。そんな自分に何が出来るのか?そう、葬儀を請け負うことを思い立つのね!

葬儀を請け負い準備を進める中、長田の母(吉行和子さん)が嘆くんだ。結婚もせず、子も残さずって。仕事は大変だったと思う。死ぬほど大変だったと思うけど、親1人子1人なのに親より先に死ぬなんて。。。
これで真人はハッと思い出したんだね。それで状況を確認しようと警察へ行って資料を見せてもらおうとすると、、、なんと優樹がいた!実は刑事だったのだ。

で、2人はいろいろ調べまして。そしたらなんと長田の死が事故の可能性があることがわかったの。
近所の父親がいない小学生とマンションの屋上で、日曜日の朝キャッチボールしていた長田。その子が失くしたといった新品のボールがフェンスの向こうにひっかかっているのに気付いて、そのボールを取ろうとして誤って転落した可能性が。見つけたボールからは長田の指紋が出てきたし。
でも真人は絶対事故死だと言うの。だって長田は霊柩車が近くを通った時、親指を隠していたからって。るーも昔やった記憶があるよ。親指隠さないと親の死に目に会えないって。親の死に目に会いたい人が、親より先に自ら死んだりしないもんね。
そして真人は告白するんだ。仕事場で長田を辛い目にあわせていたのは自分だと。。。長田のためと言いながら、本当は自分を守るため、自殺じゃないという証拠を見つけたかったのだと母親に頭を下げ謝って。
母親は実は知っていたんだけどね。会社を訴えようと思って、何か聞き出せるんじゃないかと黙っていたんだと。

葬儀は他の業者にと言う真人に、最後まで見届けたいと本心から思うなら、あなたが葬儀をやってくれと言われて。。。
井原屋はちゃんと葬儀を無事やりました。真人は思いついて、長田がお客さんへのサービスに店に置いていたキャンディを持ってきたりして。
ただただ悲しい、でもこうして心から悲しめるのもあなたのお陰です、ありがとうと母親に言われた真人は、父親はこういう人生を生き、育ててくれたんだと認識したんだねー。
真人浩太郎の墓前でお父さんの仕事を一緒にしたいと書いた昔の作文を読み、浩太郎に素直にありがとうと言って。そして葬儀屋を継がせて欲しいと言い出すのだー!

この枠、テレ朝のドラマと重なるんだよね。。。
どっちを見るかまだ決めてないけど、とりあえずまた次回もみてみたいかな。。。
倉本聰さん脚本の「川は泣いている」というドラマを思い出しました。あれも葬儀屋さん家族の話だった。。。

読んじゃいます?>>>

最高の人生の終り方 葬儀屋5代目井原真人 (リンダブックス)


【TBS限定】最高の人生の終り方×MALULANI HAWAII/劇中着用ブレスレットはこちら>>>
TBS ishop

これも見とく?>>>山下智久×TBS

クロサギ DVD-BOX



人気ブログランキングへクリック!見てみる?

theme : TBS
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。