スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」♯20

サイコロどうだと上皇側?帝側??
日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。
やっと見ました「平清盛」続いて「平清盛」♯2その次「平清盛」♯3次の次「平清盛」♯4
やっと「平清盛」♯5ようやく「平清盛」♯6「平清盛」♯7「平清盛」♯8
「平清盛」♯9「平清盛」♯10「平清盛」♯11「平清盛」♯12
「平清盛」♯13「平清盛」♯14「平清盛」♯15「平清盛」♯16
「平清盛」♯17&18「平清盛」♯19

第20話は「前夜の決断」でした。

今宵こそ 思ひ知らるれ 浅からぬ 君に契りの ある身なりけり
鳥羽院三上博史さん)が崩御した時、西行藤木直人さん)もちょうど京に戻って来たのね。こんな日に戻って来たなんて、自分も鳥羽院と縁があったのねと。。。
そんな西行に、平清盛松山ケンイチさん)はたぶん戦になると言い。

ようやく危篤の鳥羽院の元に駆けつけた崇徳上皇井浦新さん)ですが、遅すぎたもんね。結局和解は出来ず。
またも打ちひしがれた崇徳上皇に、悪左府と呼ばれ第一線から失脚した藤原頼長山本耕史さん)が近づき、本当に国を思ってやってるのは自分たち、自分の財力と上皇の後ろ盾があればいずれ権力を取り戻せると取り込んで。
でもそんな動きをいち早く信西阿部サダヲさん)が察知。崇徳上皇頼長に謀反の疑いありと、武士たちに帝をお守りせよと命令を出し。

へぇー、これが保元の乱の始まりだったんですねー。戦いとなれば、もうこの時代武士が重要になってきている。諸国から集まってきた武士たちは、崇徳上皇側ハタマタ後白河天皇松田翔太さん)側かに分かれていくんだ。
平氏は?っていうと、鳥羽院に忠義を尽くしていたんだから基本帝側でしょ?と思いきや、鳥羽院死んじゃったしーとか、どちらにつこうか意見はまとまらず。清盛なんて、とりあえずどっちも待たせて恩賞をつり上げよーって言い出すんだから。
まぁね、だって代理戦争だもんね。清盛は武士の世を作るって志のために動くだけだしー。

源義朝玉木宏さん)は早々に帝側につくことにしたのね。だってー鳥羽院に忠誠を誓う誓紙出したしー、いつまでも頼長に使われるなんてイヤだもん。
でも父・源為義小日向文世さん)はもちろん上皇側に。源氏は頼長に忠義を尽くしてきたんだもんね。
あーあー、親子で分かれて戦うことになってしまうーと重臣の鎌田通清金田明夫さん)は意見するけど、親子はもうお互いの立場を変えることは出来ず。
義朝の元を去り、道清のところに戻っていた鎌田正清趙和さん)は為義からどっち側でも自由と言われるけど動かず。でも最後の最後にやっぱり義朝の元へ戻った!義朝の事を言われ、父・通清についキレそうになっちゃった正清に、厄介な殿を見捨てられぬはワシ譲りじゃのーと暗に正清を送り出した通清。このやりとりには涙が出たわ~。。。

態度を明らかにしない清盛は、後白河天皇から呼び出しが。
2人きりにさせられて、わかってるのよお前の考えは!と出自も志も全てお見通しな感じ。いくら恩賞をつり上げ戦いに勝ったとしても、清盛の思い通りにはならない、武士の世などこないとバッサリ。だから賽を振ってサッサと決めろ!って、敵も味方もない感じ。清盛はこの戦いにもあなたにも勝ってみせると言い張って。

これで怒って上皇側についていたら、、、どうなっていたかねー?と思うけど、清盛は帝側につくことを決めたのさ。
だって後白河天皇は自分の志も武士の力もよーくわかっているのがわかったから。わかってるから挑発し、自分と同じところまで昇ってこいと言ってるように思えたんだもん。
ハイ、棟梁が決めたことですから、これで平氏は帝側となるんですけどー、それを快く思わない人もいたりして。。。だって上皇側には鎮西から戻った荒れ武者・源為朝橋本さとしさん)も入ったしねー。帝側で平氏一門がみんな戦ったら、根絶やしになっちゃう可能性もあるわけで。。。って平頼盛西島隆弘さん)が上皇側につくことを密かに計画し。たぶん元々清盛に相容れてなかったんだろうね。家盛のこともあったし。。。
そんな頼盛を察した池禅尼和久井映見さん)が諌め、平忠正豊原功補さん)も止めるんだけど。。。

前回、池禅尼忠正に、いざという時はあなたが亡き忠盛の志を守ってくれなんて頼んじゃうから、やっぱりどこまでいっても多少清盛に違和感があるのかな?と思っていたけど、そういうわけではなかったみたいね。棟梁の決めた通りにと、ちゃんと頼盛を諌めたんだから。
忠正もナンダカンダ言うウルサ方でも、清盛をちゃんと棟梁として認めていたんだね。態度を保留し恩賞をつり上げるやり方にも、忠盛が生きていたら同じことをしたと思うと言って。。。
でも忠盛の志を守るためには、平氏の血が絶えてはならない。頼盛を棟梁に背いた誹りを受けさすわけにもいかない。だったら自分がいこうってなったんだろうね。。。忠盛は自分と清盛には元々絆なんて無いと、あえて突き放すような言葉を清盛に残し上皇側についたのさー。

京の中で戦うんだっけか?
一応家族は避難させるんだねー。
由良田中麗奈さん)と常盤武井咲さん)は洛外別宅で一緒に生活しなくちゃいけないこととなり。仕方のないことといえ、お互い気まずいだろうなー。。。
亡くなった藤原家成の娘・経子にお世話になる時子深田恭子さん)ら。時子はご懐妊とはね!絶対清盛には無事で帰ってもらわなくちゃね。

読みました?>>>

平清盛(2)


こんなのいかが?>>>

【大河ドラマ線香】NHK大河ドラマ/平清盛「潮騒の香りのお線香」


京を歩いてみる?>>>

平清盛・源平時代の京都史跡を歩く


暑くならないうちに!>>>
楽天トラベル株式会社

クリック!見てみる?

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「平清盛」第20話

第二十回「前夜の決断」 視聴率11.8%  

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
オススメ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

主婦るー

Author:主婦るー
東京在住、30代のおちゃらけ主婦ですー!
TBは承認制にさせて頂いております。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。